人気ブログランキング |
ブログトップ

色々いろは

irohado168.exblog.jp

2014年 06月 12日 ( 1 )

読谷焼・横田屋窯さんへ

先日一周年をブログでお知らせしたところ、お客様や知人からあたたかい言葉をたくさんいただきました。本当にありがとうございます!一周年何かできたらいいなぁと思いつつゆとりがなく何もしないまま迎えてしまいました。すみません。。来年は何かできたらいいなと思っています。いつも計画性がないまま突き進んでしまうので、ちゃんと前もって準備しておかなくてはですね!

さて、仕入旅ですがまずは沖縄から
f0264907_13123159.jpg
天気は全般的に雨雨雨ですごく蒸し暑かったです。名古屋についたらカラッとしてて気持ちいいと思えたほどでした。

そんなお天気の中、最初に訪れたのは読谷焼・横田屋窯さんです。こちらの窯元はご夫婦で営まれていて窯主の知花實さんは北窯の松田さん兄弟とも同級生で大嶺寶清窯で修行され2002年に開窯しています。驚くことは森だった土地を自ら切り開き、登り窯や工房兼自宅すべてを6年かけて自分たちで作ってこられたそうなんです。
f0264907_13133846.jpg
f0264907_1529750.jpg
読谷焼きは民陶のやきもののなかでも特に好きで、行く前からワクワクしていたのですが、事前にお取引の連絡をせずに飛び込みで行ったので、なんと業者向けに販売するものはすでに終わっていて次は半年先になると告げられてしまったんです。(横田屋窯さんは年に2回しか窯焼きしないのでタイミングをはずしてしまっていたのです)ショックが隠し切れず「夏の展示は来年までおあずけかしら。。どうしましょ。。」などと頭の中でぐるぐる考えていたら、「でも、せっかく名古屋からきてくれたから少しだけなら持ってていいよ。」と奥様。あぁ~よかったぁ。もうほんと心の底からホッとした瞬間でした。そんなこんなで数は少ないですが横田屋窯さんのやちむんは夏の展示でお披露目しますので楽しみにしていてくださいね!
f0264907_1538662.jpg

by irohado | 2014-06-12 15:43 | ●日々のこと